【京都】おすすめホテルと宿泊レビュー

京都を中心としたコスパの高い、リーズナブルでおすすめのホテルを紹介しています。一般的なホテルのホームページでは分からない、実際に利用した感想をレビューしています。

ホテル ザ セレスティン 東京芝

セレスティン東京芝の宿泊レビューです。

セレスティンホテルはJR田町駅から徒歩7分のところにある三井系列のホテルです。浜松町から歩くこともできるので、羽田からのアクセスも良好です。

私たちが東京にステイする際はこのホテルを利用することが殆どです。

駅から少し距離があるものの、浜松町や日比谷、六本木や恵比寿などへのアクセスも良く、ホスピタリティの非常に高いホテルの一つだと思っているからです。

1Fには写真のようなロビーラウンジがありますが、食事やお酒を楽しむこともできます。

そして上階にも宿泊者専用ラウンジとパティオ、そしてエクササイズルームもあります。

今回はコロナ禍ということで休止中でしたが、通常時はフリーでソフトドリンクの提供や有料になりますが、アルコール類の提供もあります。部屋から出てちょっと気分を変えたいときなどに利用できるのは嬉しいですね。

いつも通り一休からスーペリアクイーンの部屋を予約しました。

2名で7,800円でしたが、チェックアウトが12時なので、朝食は外に出て、また部屋でゆっくりと過ごすこともできました。

21平米の部屋は決して広くありませんが、天井も高めで写真のとおり景色も良いので解放感があります。

ミニバーも備え付けられ、このホテルも必要なものは全て揃っています。ミネラルウォーターも2本用意されていました。

バス・トイレは一緒のタイプですが、広めなのでビジネスホテルのような窮屈さは全く感じませんでした。アメニティも充実し、女性の方にも喜んでもらえると思います。

駐車場はホテル下で、1泊1500円です。この地域としては破格ですね。この値段なら、ホテルに車を停めてタクシーで日比谷や恵比寿に出ても良いと思います。

翌朝は増上寺まで散歩をして、近くのカフェで朝食を取ってきました。

前日の目黒川の桜も綺麗でしたが、朝の増上寺も静かに桜を見ることができて良かったです。この幸せな時間で十分な英気を養わないと!

東京と京都は新幹線や飛行機を使って移動することが多いですが、飛行機から下を見下ろすと15年前は白い車が多かったのに対し、今はいろんな色の車が増えたな…と。

富士山も地上から見るのと真上から見るのとでは、全く異なって見えます。

視点を変えることは間違いを減らす判断材料になりますが、忙しい毎日に追われるといろんな角度から物事を見つめるのが難しいときもありますね。
やっぱりゆとりは大切です。

東京の中心にありながら、ゆっくりとした時間の流れを感じることのできる セレスティン東京芝、とてもおススメのホテルです。

京都伏見 日本酒めぐり

今日は古くから酒造の町として、酒造りが盛んだった京都の南、伏見でデート。

これまで日本酒を積極的に飲むことのない私達でしたが、この日を境にすっかり日本酒の魅力にハマり、今では他のお酒を飲むこともめっきり少なくなりました。

酒処は水が美味しいと言われますが、『伏見はどうして井戸が多いのだろう?』と思ったのには、ここに理由があったのですね。

伏見は昔は『伏水』と呼ばれ、地下水が豊富な場所だったそうです。

宇治川の派流の川沿いの散歩はとても気持ちが良かったです。坂本龍馬が暗殺された『寺田屋』も近いので、立ち寄るのもいいと思います。

今回はまず『鳥せい本店』へ行ってみました。

昔からの酒蔵をリノベーションして作られた店内になっていて、京都の古い建物や街並みを生かした街づくりは、東京に住んでいる私から見るととても新鮮で、素敵です。

写真の右側にも入口が見えますが、ここでは日本酒を買うことができます。

私たちはすっかりこちらの日本酒に魅了され、今では度々買いに行くようになりました。

日本酒はそれこそ沢山の種類をそろえてありましたが、何といってもおすすめは『蔵出し生原酒』

これに出会って、私は日本酒のおいしさに一気に目覚めてしまいました。

ちなみに伏見のお酒が『女酒』と呼ばれるのは、伏見の柔らかい水から優しく芳醇なお酒ができるためだそうです。

そしてこの鳥せいの魅力は何を食べても美味しいところ。京都を訪れた際は是非足を運んでみることをお勧めします。


次に紹介するのは『伏見酒蔵小路』
ここは日本酒をメインに置いた屋台村です。

店内にはお寿司屋さんからお好み焼き、ちょっとしたイタリアンなどが入っており、メインのお店を決めれば、出前システムで他のお店のメニューも注文することができます。

伏見酒蔵小路へは二度ほど来ましたが、ここに来るときはすでにお腹は満たされ…の時が多く、焼うどんや餃子と日本酒を少々…という感じになっています。あまりレポートできず、ごめんなさい。

でもここの目玉は『利き酒セット』。次回は必ず挑戦したいと思います!

他にも沢山の居酒屋さんや食事何処が軒を連ねており、食べ歩きが好きな人には昼間から楽しい時間を過ごすことができると思います。

また日本酒が飲める甘未何処もあるようで、今度はそこにも行ってみたいですね。

好きな人と昼間からお酒を飲んでデート。沢山飲んで、沢山笑って、沢山話して…とても贅沢な時間を過ごしました。

先日、仕事で航空力学の講義をしました。
『飛行機にとって一番大切なものは何だろう?』
『それは見えない空気だよ』

見えるものを見ない、見えないものを見る。
愛するものを見るということはそんなことだと、私は大切な人から教わりました。

いつもありがとう。

三井ガーデンホテル 京都新町 別邸

久々に京都のホテルに宿泊です。
三井ガーデンホテル 京都新町 別邸 のレビューを書きたいと思います。

このホテルは地下鉄烏丸線『四条』駅から7分、阪急京都線『烏丸』駅から7分のところに位置します。(ホテルに駐車場はありませんでした)

周辺のコインパーキングも割と割高な地域ですが、近くに24時間1870円というところを見つけ、今回はココに駐車することにしました。

私たちは3年超えの遠距離恋愛をしてきましたが、二人の関係も深まり、ホテルに泊まることが一気に減りました。

仕事が忙しくなると、身体も精神も休まることがなく、毎日プレッシャーで心が折れそうな時があります。そんな中、彼女との出会いは私の人生に輝きを与えてくれました。

ストレスや意見の衝突からケンカをしてしまうことも多いですが、私にとって、彼女たちと一緒に楽しい家庭を築くことが、今の目標の一つになっています。

紆余曲折はありますが、夢や目標を叶えるとき、無駄になることは一つもないと信じています。

さて、高級ホテルの部類に入ることはありませんが、三井ガーデンホテルはどこに泊まっても安心できるホテルの一つです。

今回はいつもの一休で、バス・トイレ別のスーペリアツインの部屋を予約したので8,448円でした。

若干高めでしたが、チェックアウトは12時。ゆっくりと快適に過ごすことができました。

ホテルスタッフの皆さんの対応も丁寧で言うことなしです!

27平米のお部屋は三井クオリティで気持ちよく過ごせました。

そしてこの系列のホテルは缶のタイプのミネラルウォーターを用意してくれています。その他、お酒を飲むためのグラスや氷など、何も心配せずに予約手配ができるホテルです。

障子の裏の窓は曇りガラスではなく、マンション等が見えますが、開けることの可能でした。日中過ごすのにも窮屈感はありません。

お風呂もこのような感じでとても綺麗でした。特別なことはありませんが、これで十分という感じです。洗面所にも必要なものがすべて揃っていました。

使用しませんでしたが、綺麗そうな大浴場がありました。(いつも朝入ろうと思うのですが終了時間になっていて…利用時間はチェックですね)

夜は近所のピザを食べに写真の『エンポカ京都』に行ってきました。

旧染物屋さんだった建物をリニューアルして使ったということで、外装も内装もスタイリッシュ。吹き抜けの天井が開放的でとても印象的でした。

今回は窯焼きピザと日本酒を頂きましたが、味も最高。今度はゆっくり別のものも頂いてみようと思います。客席は多くないので、予約は必須です。

ちなみに日本酒はワイングラスで出てきました。

そしてもう一軒。『串揚げどうぞっ』でも日本酒を。

お店はゆったりとしたという感じではなかったですが、とても美味しかったです。

最近日本酒にはまり気味の私たちはついつい飲みすぎてしまいますが、三井ガーデンホテル 京都新町別邸付近には、お酒を楽しむことのできる食べ物屋さんが沢山ありすぎます!(笑)

京都には沢山のホテルがあって悩んでしまうと思いますが、大きな老舗ホテルにはないホテルの選択や楽しみ方もあるので、参考にしてくださいね。

私も京都在住の彼女がいなければ、こんな京都の楽しみ方を知ることはできませんでしたから。

ザ ロイヤルパークホテル 京都三条

京都の中心”三条河原町”に位置する ザ ロイヤルパークホテル 京都三条 の宿泊レビューです。

f:id:gogo_Kyoto:20220302152744j:plain

ロイヤルパークホテルズは三菱地所のホテル部門として設立され、2000年からは株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツにより運営されています。

高級シティホテルとして『ロイヤルパークホテル』がありますが、2011年以降は宿泊特化型(結婚式場やレストランの併設がない)の『THE』シリーズが展開されました。一般のシティホテルと同程度の質と広さを備えたビジネスホテルだと思うと分かりやすいと思います。

f:id:gogo_Kyoto:20220302153420j:plain

ホテルは京阪三条駅から徒歩3分のところにあります。

JR京都駅駅からは少々距離がありますが、京都市営地下鉄を乗り継いで実質乗車時間は7分とのことです。しかし原町や祇園も徒歩圏で、夜の京都を楽しみたい方には良い立地だと思います。

今回も一休 を利用して5,770円(1泊2名)で宿泊しました。


部屋はシンプルですが、広さも十分でしっかりとした窓もあり、採光も十分です。雰囲気も落ち着いていて悪くないと思います。

f:id:gogo_Kyoto:20220302155842j:plain

私たちは京都と東京の遠距離恋愛で、一方には子供もいるという事情からこれまで沢山のホテルに滞在し、デートを重ねてきました。

そしておよそ3年が経過し、ようやく子供達との顔合わせも終わりました。3年という年月にはホントに様々なことがありました。距離の問題もさることながら日常生活における環境の違い、一方には子供がいること、ラインでの意思疎通の失敗、会えないもどかしさ…数えられないくらい沢山の失敗と大喧嘩もしてきました。

それでも、ホテルで仕事がしたいと言えば今回のホテルのようなデスクの大きな、静かな、そしてディスプレイまで利用できるホテルを彼女は探してくれました。

私はそこで仕事に専念することができました。そんな彼女の優しさをいつも忘れてしまう自分を反省しながらこのブログを書いています。

f:id:gogo_Kyoto:20220302161028j:plain

写真のようにテレワークにも十分な広さのデスクです。(いつもありがとう)

ホテルの備品についてもロイヤルパークホテル系列は何も不自由はないと思います。

お風呂は通常のユニットバスタイプでした。

f:id:gogo_Kyoto:20220302161144j:plain

1階には京都では有名な?進々堂というパン屋さんがあります。気持ち高めのパン屋さんですが、美味しいコーヒーと一緒にこちらで朝食を取るのも良いですね。

『出来ないことより出来たことを大切に見ていこう』

あなたのそんな考え方がとても好きです。

京都駅近のおすすめホテル

京都のホテルを頻繁に利用することから、このブログでは、リーズナブルで快適に宿泊できるホテルを紹介しています。

f:id:gogo_Kyoto:20220102144424j:plain

京都はホテルが多いので、繁忙期を除けば驚くほど安価な料金で京都ステイをすることができます。今はコロナと重なって、1泊3500円くらいから宿泊できるホテルが沢山あります。

高級ホテルはもちろん良いですのですが、京都のビジネスホテルを上手く活用することで、十分に京都観光やステイを楽しむことができます。

f:id:gogo_Kyoto:20211205213614j:plain

京都駅八条口

ホテルの予約サイトは沢山ありますが、私は『一休 』を使うことが多いです。

一休は一定ランク以上のホテルのみを扱っているという安心感。あとはホテルが一休のクチコミをとても大事にしているので、同程度の金額の場合、良い部屋に案内される場合が多いのが理由です。

特にタイムセールなどを上手く利用すると、普段では考えられないような価格で予約をすることができます。


今回は京都駅近のおススメホテルを2ヵ所ピックアップしてみました。

【中央口(駅北側)】

メルキュール京都ステーション

中央口から徒歩8分程度ありますが、ホテルも新しくおしゃれにまとまり、カップルや女子旅におススメです。

gogo-kyoto.hatenablog.com

八条口(駅南側)】

ホテル京阪 京都グランデ

八条口側には沢山のビジネスホテルが並んでいます。それぞれ特徴がありますが、ホテル京阪は何と言っても立地と価格、品質のバランスが良いです。

京都のビジネスホテルは東京と比較すると快適性が全然違います。ビジネスホテルに宿泊しても十分に京都を楽しめるのではないでしょうか。

gogo-kyoto.hatenablog.com

東京から京都と思うと、それこそ人生で何度かの旅行…と思っていましたが、高速バスと一休を使うことで、もっと気軽に京都を訪れることができ、その浮いた費用で食事や観光を楽しむこともできます。

f:id:gogo_Kyoto:20220206190651j:plain

食も楽しめる京都。
今度は伏見で日本酒の酒蔵巡りをしようかな。

バスのる

ホテル京阪 京都グランデ

JR京都駅八条東口から徒歩1分にあるホテル京阪 京都グランデの宿泊レビューです。

f:id:gogo_Kyoto:20220131173826j:plain

京都駅八条口には京阪グループのホテルが3つありますが、その中で最も古いのがこの京都グランデ(全320室)です。

このホテルの魅力は『価格と立地
一休 なら3000円台から宿泊が可能です。

地下道を使えば雨でも濡れることなくホテルへ入ることができます。また高速バスや空港バスも目の前。京都で一番便利なホテルといえます。

f:id:gogo_Kyoto:20220131173837j:plain

ロビーをはじめとする各施設や部屋もリノベーションされ、古さが気になることはありませんでした。

駅前の老舗ホテルが『都ホテル』とすれば、ビジネスホテルでは『ホテル京阪』といったところ。どちらも外見に歴史を感じますが、中に入れば安心して宿泊できるホテルです。

gogo-kyoto.hatenablog.com

f:id:gogo_Kyoto:20220131173850j:plain

京阪ホテルに共通して言えることは、窮屈さを感じないこと

決して広い部屋ではないのですが、天井の高さも確保され、ゆったりと過ごせます。また室内の備品で困ることはありません。

f:id:gogo_Kyoto:20220131173859j:plain

ただお風呂は写真のようなごく普通のユニットバスでした。

お風呂を楽しみたい方は同じ京阪グループの『ホテル京阪 京都八条口』がおススメです。

gogo-kyoto.hatenablog.com

京都八条口には沢山のビジネスホテルがありますが、迷ったときは京阪グループのホテルを選んでおけば間違いがないと思います。

他にも新しかったり、バスタブがあるなど特徴はありますが、利便性とスケールメリットを考えると京都グランデに軍配が上がります。

f:id:gogo_Kyoto:20220131173909j:plain

高速バスや新幹線を降りたら、すぐに荷物を預けることができます。(荷物はチェックイン前でも預かってくれます)

駅を拠点に動く方にはとても便利なホテルです

 

椛(なぎ) 京都三条

地下鉄烏丸線 烏丸御池駅より徒歩5分にある 椛(なぎ)京都三条の宿泊レビューです。f:id:gogo_Kyoto:20220129191816j:plain烏丸御池は京都駅から地下鉄で5分、タクシーだと10分くらいの距離があります。京都駅から歩くにはちょっと遠い立地です。

1階には2014年に東京で開催された『Coffee Fest Latte World Championship Open Tokyo 2014』でラテアートの世界チャンピオンになったバリスタのカフェが併設されています。

f:id:gogo_Kyoto:20220129191906j:plain

ロビーも落ち着いた空間です。

全30室もない小さめのビジネスホテルですが、スタッフの方の対応が気持ちよく、何よりスタンダードルームでも33平米。広々と快適に過ごすことができました。

バス・トイレもセパレートタイプ、部屋にはエスプレッソマシーンまで備え付けられ、至れり尽くせりの部屋になっています。グラス類などももちろん揃っていました。

f:id:gogo_Kyoto:20220129191831j:plain

こちらのホテルは2回利用していますが、いつも通り一休で3,300円で宿泊できました。

あまりのコストパフォーマンスに驚きましたが、最近は値段が上がっているようです

f:id:gogo_Kyoto:20220129191853j:plain

お風呂も広めです。ただし窓からの眺めはありませんでした。

ソファもテーブルもあるので、ゆっくりお酒を飲んだり、部屋で寛ぐことができます。

烏丸御池付近は良く知らなかったのですが、お酒好きな私達にはかなり楽しめる立地でした。

三条通には山椒鍋で有名な『とり粋』やその他、沢山の立ち寄ってみたいこじんまりとしたお店が軒を連ねていました。

f:id:gogo_Kyoto:20220129191943j:plain

私たちはいつも数件ハシゴをするので、とり粋では一人前の山椒鍋を注文して、あとはおススメのつくねを頂きましたが、とても美味しい。ここはおススメです!

f:id:gogo_Kyoto:20220129191917p:plain

そして食事の後にゆっくりお酒を飲みたいという方には、『お酒の美術館』というレトロな雰囲気のバーがありました。こちらも天井が高く、ゆったりとした空間でお酒を楽しむことができました。

osakeno-museum.com

烏丸御池はちょっと京都駅から遠くはなりますが、お酒や食を楽しみたいという大人の方にはなかなか魅力的な場所だと思います。